美肌、美容、ダイエット、しみそばかす対策に有効なアロマの種類について

女性に嬉しい美容効果のあるアロマセラピー

女性に嬉しい美容効果のあるアロマセラピー記事一覧

パチュリでアロマオイル美容

寝室でアロマ芳香するイメージ パチュリーやパチョリと言ったりもしますが日本ではパチュリで馴染みのあるシソ科の植物。アジアンテイストな、土のような独特香りがどことなくノスタルジックな気持ちにさせてくれるパチュリの香りは、カップルで過ごすベッドルーム(寝室)のムード作りにもぴったりのアロマです。イランイランと同様に催淫作用のあるアロ...

≫続きを読む

クラリセージでアロマオイル美容

クラリセージ クラリセージは南ヨーロッパ原産の2年草。標高千メートル以上の乾燥した土地に育ち成長すると高さは1メートルを超えます。初夏になるとピンクや紫色、白色の美しい花々を咲かせます。ハート型の大きな葉は観賞用としても人気の植物です。クラリセージはナッツのようなほのかな甘みと気品ある深みが特徴のアロマ。南ヨーロ...

≫続きを読む

ゼラニウムがもたらす女性の美肌効果

ゼラニウムの画像 ゼラニウムは南アフリカ原産のフウロソウ科の植物。最近ではフランス、スペイン、モロッコ、エジプト、イタリアからの輸出も増えています。ピンクや白、赤色の花を咲かせる美しい常緑の多年草です。私たちに馴染みのあるアロマオイルは、主に葉から水蒸気蒸留法によって生成されています。ゼラニウムはバラのような香りにど...

≫続きを読む

フランキンセンスでアロマオイル美容

フランキンセンスの木 フランキンセンスはウッディーでかつスパイシー。かすかにクリアな感覚の残る香りが特徴のアロマオイルです。フランキンセンスの木は樹高3メートルから高いもので5メートル以上にもなる低木。先には白い紅色の花を咲かせます。樹皮の内側に樹液が蓄えられ、樹皮に傷がつくと液が分泌されます。その樹脂を水蒸気蒸留させた...

≫続きを読む

サンダルウッドでアロマオイル美容

サンダルウッド サンダルウッドは室内の芳香や肌身につけて香りを楽しむ香水としても人気のアロマ。深く甘いウッディー系の香りが特徴です。流通性もありアロマコーナーでも市販品をよく見かけるアロマです。サンダルウッドの歴史は古く、インド寺院で瞑想の際の薫香として使われていたと言われています。空間に安堵と安らぎを与え、緊張か...

≫続きを読む

ローズウッドでアロマオイル美容

ローズウッド ローズウッドのアロマは、森林や樹木を彷彿とさせる穏やかな香りの中、明るく爽やかなフローラルの香りが特徴の人気のアロマオイルです。市販のお値段もとても手軽で流通性もあり入手しやすいアロマです。ローズウッドの香りは薔薇の匂いと似ていたことが名前に由来しますが、薔薇とは植物の種類はまったく異なります。薔薇...

≫続きを読む

ヒースでアロマオイル美容!

ヒース ヒースは和名をギョウリュウモドキ。被子植物に分類されるツヅジ科の植物です。原産は主にヨーロッパ諸国。針のような葉をもち、紫がかった薄紅色の花を密集して咲かせます。針葉または線状のヒース型の葉をもつ小低木が特徴です。ヒースの美容効果近年、女性用の化粧品や美肌オイルなどでも配合される製品が増え、美容成分...

≫続きを読む

プランテーンでアロマオイル美容

プランテーン プランテーンは別名、プランテン、オオバコ、ヘラオオバコなど。オオバコ科に属する耐寒性に優れた多年草の植物です。開花期になると草丈約40センチほどにまで成長し、冬の時期には地際の葉だけになります。栄養価も高く、西アフリカの地方では常用食として親しまれ栽培も盛んな野菜フルーツです。プランテーンの成分プラ...

≫続きを読む

ローズヒップでアロマオイル美容!

ローズヒップの花の写真 ローズヒップは日本の山に自生する野バラの実の種子から抽出された、黄金色のオイルです。ローズヒップという存在が世の中に普及したのは、戦時中のヨーロッパ。ビタミンC不足による壊血病が英国を席巻するという危機が起こり、そのビタミン欠乏の対策に用いられたのがこのローズヒップでした。以来、その一国を救った神秘...

≫続きを読む

カレンデュラがもたらす美容効果は?どんな使用がおすすめ?

カレンデュラの花 冬の季節、外から帰宅した体のケアとして手洗いやうがいはもちろん大切ですが、もう一つ忘れてはならないのが肌の乾燥対策です。外の乾燥した外気によって水分を失っている肌は時間の経過と共に肌細胞の活動を低下させ、肌の劣化を招く要因に・・・そんな冬の季節、美肌効果に期待のもてるアロマハーブがカレンデュラ。カレ...

≫続きを読む

ローズマリーでアロマオイル美容!

ローズマリーの原料となる木の葉 ローズマリーは、地中海沿岸地方を原産とする、シソ科に属する常緑性低木です。日本では迷迭香と書いてマンネンロウと呼ぶ呼び名が旧名。現在ではローズマリーの呼び名で広く親しまれています。認知度をあげた背景には、西洋ハーブとして親しまれるようになったことや、香辛料として料理などにもちいられる用になったことな...

≫続きを読む

イランイランでアロマオイル美容

アロマのイランイラン イランイランはアジアの熱帯地方(有名なところではモーリシャス、タヒチ、フィリピンなど)原産のイランイランというバンレイシ科の植物から抽出される精油の一種です。インドネシア語で「花々の中の花」という意味を持ち、黄や白、紫、ピンクの色をした曲線が美しい形の花を一年中咲かせるのが特徴です。その香りには、エ...

≫続きを読む